引越し一括見積もりを使った結果、引越代がめちゃくちゃ安くなりました。


体験 引越し一括見積もりを使った

1. 数ある引越し一括見積もりサイトから引越し侍を選んだ理由


たくさんある引越見積もりサイト

お金に余裕があっても無くても引越代は安くあげたいですよね。冷蔵庫や洗濯機など耐久消費財を買う時は、電気代や使い勝手を重視しますが、引越し屋さんを選ぶ場合には、安さを重視する方は多いと思います。安くするには引越し屋さんには申し訳ないけど競争してもらうに限ります。そこで合理的なのが一括見積もりの利用です。昔から、安くするには相見積もり(あいみつもり)を取るのが常識です。

相見積もりを取るために一括見積もりを使うことは最初から決めていました。問題はどの一括見積もりサイトを使うかです。

「引越一括見積り」でネット検索すると広告が8件ほどでてきます。これらのサイトを運営しているのは、引越し情報に特化した会社や住宅情報サイトの運営会社、価格比較サイトの運営会社など色々あります。基本的にはネットユーザーに役立つようなウェブサイトを企画作成する会社が多いです。引越会社そのものが運営しているわけではありません。色々な一括見積もりのサイトがありますがその仕組みは大同小異と見て良さそうです。

私は、株式会社エーチーム引越し侍のサイトに掲載されている情報量の多さから引越に精通していると判断してここを使うことに決めました。使ってみて特段の問題は見当たりませんでした。問題があったとすれば、引越し屋さんの仕事っぷりの方ですがそれは後にします。

また、サイト検索をしている時に気になったのが一括サイトを利用すると引越し屋さんからの営業の電話が嵐のようにやってくるので使わない方が良いという記事があったことです。これを気にするって変ですよね。引越代を安く上げようと思って一括見積もりを使うんだから色々な引越し屋さんからコンタクトがあるのは当たり前です。そして、他社に負けるわけには行かないから見積もり訪問のアポイント(予約)を他社よりも早く取ろうと努力するのも当たり前のことです。

私が一括見積もりを申し込んだ際も見積もり訪問のアポを取る電話がすぐにきましたが3件だけでした。もっと来ると思っていたのであれーって感じで肩透かしでした。うちの場合、荷物が多いので訪問見積もりじゃないと正確な見積もりが出来ません。単身世帯とかで荷物が少ないなら訪問見積もりじゃなくてもネット見積もりだけでいいのかもしれません。ネットでメールのやり取りだけで決めたいなら電話がかかってくるのはイヤなんでしょうね。

2. 引越し侍の良かった点

お引越しお役立ちガイドブック

引越し侍を選んで良かった点は、なんといっても引越し代がめちゃくちゃ安くなったということです。まあこれは別に引越し侍ではなくても、どこの一括見積もりでも同じことなんですけどね。一括見積もりのコンセプトは引越し代の相見積もりを取ることで引越し代を低くするということですから。

次に良かった事は、引越し侍から送られてきた小冊子「お引越しお役立ちガイドブック」が良かったです。6ページだけのぺらぺらですが電気ガス水道などライフライン関係や転出・転入・住所変更のことなど引越しに必須な事が記載されていて私はそこに「済」とか「いつまでに」とか書いて利用しました。結構役立ちました。

3.引越し侍の悪かった点

引越し侍の悪かった点、何かあったかなと考えましたが思い浮かびません。誇大広告もないし、言ってることとやってる事が違うということもないし、私の場合は特にありません。

4.引越し侍の特長

提携業者数が260業者あり他の一括見積もりサイトよりも断然多いです。大手の引越し業者の他に地域の中堅業者さんと数多く提携しています。もし私が一括見積もりを使わずに直接引越業者に依頼する場合は、大手引越業者と地域の中堅業者に見積もりを頼みます。一括見積もりで地域の中堅業者の見積もりが取れればありがたいです。

引越し侍のサイトには、引越に関する情報が他のサイトよりも多いです。その中の一つの情報として人数別段ボール箱の使用数があります。うちは二人世帯で70個の段ボール箱を使いましたが0.6%の割合です。二人世帯の割には、レアケースの荷物の多さだったことが分かります。作業員の方に1日に何軒くらいやるの?と聞いたら単身世帯なら5から6軒やるけどこの荷物量だと2軒が精一杯だねと言われました。

5.引越し侍の評判

引越し侍の紹介件数が2590万人突破(2017年6月現在)と書かれています。いつからの累計数字なのかは分かりませんがすごい件数ですね。紹介件数は引越業者に紹介したお客さんの数のことで見積もり利用者数のことだと思います。これだけの方が利用していればネットで引越し侍の評判を調べられます。が出ていると思い調べてみました。「引越し侍 苦情」のキーワードで検索しても特段のものはありませんでした。申し込み直後からかなりの件数の電話が入りだし困るというのはちらほらあります。サイトには最高10社からの見積もりと書いてあるから最高で10社からは電話が入るのでしょう。地方では提携業者数が少ないでしょうから10社はないと思います。都会だとあるのでしょう。申込みは、電話に出れる状態の時にした方が良さそうです。相手も商売でやっているのだから他社に負けて入られません。連絡が付くまではかけ続けてくると思いますから。